財布を持たないミニマリストにおすすめのスマホケースとは

収納力とスリムさの両立

Wrupup

私たちはthe150(ワンファイブオー)と申します。私たちは現代の情勢を踏まえ人々の生活に対して新たな価値を想像し、その問題に対して妥協無く独自の解釈と新たな可能性を提案することで、世の中に少しのきっかけと驚きを提供することを目的としています。

 

弊社the150が想像した今後のキャッシュレス移行段階で求められる要素は、「財布からの脱却」そして「スマートフォンの簡易財布化」でした。スマートフォンの簡易財布化を行う為には今までにないアイデアや工夫が必要であり、大切だと思いました。

 

特に現代のスマートフォンスマホケースに求められていたのは、機器本体への保護性・ファッション性、そして適度な収納力であると感じました。

  

財布の代わりになるスマホケースに必要な機能とは?

荷物を極力減らしたいミニマリストの方達にとって、意外と厄介な存在が『財布』です。最近はキャッシュレス化の影響もあって現金を持つシーンが減りましたが、現金でしか支払いが行えないお店もまだまだあります。

スマホケースにもカードを収納できるポケットのついたタイプは多く見かけますが、小銭や折り畳んだお札を収納できるタイプは少ないですよね。

 

スマホケースを財布として扱うメリット

大きなメリットは、とにかく荷物が減ることです。

スマホさえ持っていれば、財布を忘れることもありませんし、荷物もかさばりません。

 

あとは似たようなメリットですが、定期などを一緒に入れておくことで、通勤の際に定期券を忘れる心配がないこともメリットになるでしょう。

 

スマホケースを財布として扱うデメリット

詰め込みすぎない

何事も、『やりすぎ注意』です。

小銭やカードがたくさん入るからといって、詰め込みすぎてしまうとスマホが重たくなってしまい操作がしにくくなってしまいます。

また、小さなケースに大量に収納してしまうと、小銭もカードも必要な時に取り出す手間がかかります。

スマートさや手軽さを求めてコンパクトにしたのに、使う時に時間や手間がかかってしまうのでは本末転倒です。

 

忘れてしまうと大変

メリットの反対ですが、大切なカードや名刺を全て入れておくとスマホを忘れた際に、何もできなくなってしまいます。

 

遠出には向かない

旅行や出張先では、予期せぬトラブルや急に現金が必要になる場面も考えられます。

上記と似通ったデメリットですが、リスクヘッジを考慮してコンパクトな収納を使い分けましょう。



荷物が減ることが一概に良いこととはいえません、デメリットもしっかり理解しておくことで、有効な使い方ができるでしょう。

 

収納力抜群な「Wrapup」は、財布代わりとなるスマホケースです

弊社のスマホケース「Wrapup」はそんなミニマリストの形にとって、都合の良い部分を集めた夢のようなケースです。

これさえあればもう財布は必要ありません。

「Wrapup」の特徴について見ていきましょう。

 

ミニ財布

ミニ財布 

スマホケースと財布を持って出かけるのはもう過去のことです。

キャッシュレスが進んでいる今、Wrapupがそれらの課題を補ってくれるはずです。

外出の際でもWrapupひとつ持っていけば、財布を忘れて慌ててしまうようなトラブルはありません。

 

また、カードを20枚以上収納できます!。

いちいち財布を出さなくても、ポケットからWrapupを出して素早くカードを利用することができます。

名刺入れ

名刺入れ 

このサイズでなんと、「40枚」程度の名刺を収納することができます。

常に、自分の名刺だけでも数枚入れておくだけで、急なビジネスシーンでよくある「名刺入れを忘れてしまった!」なんて心配も無用の生活になること間違いなしです。

 

小物入れ

伸縮することで色々な小物を入れることが可能です。

 Wrapupなら「SDカード」・「ケーブル類」・「鍵類」など、通常のiPhoneケースでは収納できない小物類までまとめて収納することができてしまいます。

 

最新のiPhone12にも対応 

Wrapupは最新のiPhone12や12Pro、miniに対応しています。最新のiPhoneをしっかりと守ってくれるだけでなく、その収納力や機能性でビジネスでもプライベートでも大活躍。最小限の荷物にすることで、手が空くだけでなく、忘れ物を防げますし仕事にも集中できます。

 

身軽に仕事をこなす姿は、ビジネスの相手にもスマートな好印象を与えるでしょう。また、従来の黒、グレー、コヨーテに加えて、オフィシャルサイト限定カラーの赤色のラインナップ。お好みの色を選べるようになりました。

 

クラウドファンディングで脅威の300%越えを記録

おかげさまで、Wrapupはクラウドファンディング(GREEN FUNDING)において、

393%という数字を残すことができ無事終了いたしました。ご支援いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

https://greenfunding.jp/lab/projects/4125

 

Wrapupの特徴

Wrapupの素材や特徴についてさらに詳しく、お伝えします。

 

キャッシュレスに対応した収納機能

弊社の手帳型スマホケースにはマグネットがありません。

機能性を保ちつつ、磁気の不安を気にすることなく、手帳型のスマホケースを使用することができるのでオススメです。

マグネット以外の固定方法として、ボタンなどもありましたが面ファスナーを採用しております。留め具を使用してしまうと、どうしても厚みが出てしまいます。

面ファスナー

 面ファスナー

フラップの内部は製品の厚みを考慮し毛足の短いタイプとし、ケース背面にはよりフックしやすい素材を選定しました。磁気被害を防ぎ、収納物を安全にロックします。

 

3ポケット+ファスナー

 3ポケット

ケース内部の3ポケットはセンターにファスナーポケッ トを装備しました。

小銭や鍵などを、大切な物も安全に収納することができるので安心です。

 頑丈かつ丈夫な仕様

Wrapupを頑丈なスマホケースへと制作するにあたり、多くの素材を取り寄せて実際に触ったり、見に行ったりして熟考しました。

実際に、米軍軍事規格の衝撃試験MIL-STD-810H Method 516.8に準拠した規格において落下試験を実施し、極地のような環境下でもその製品の持つ性能を発揮できるように定められた規格(MILスペック・MIL規格)をクリアしています。

 さらに多くの収納が可能などの利便性や、ポリカーボネート部にはマット塗装を施すなど、機能面だけでなくデザイン性にもこだわりスマホケースとしての調和を図りました。

ストレッチ素材

 ストレッチ素材

50年近い歴史を持つ、国内のSUNWELL社の撥水イージーケア・4Wayストレッチナイロンの2層構造で仕上がっています。

あいにくの天気でも、アウトドアシーンでも安心して使えます。

 

圧倒的な伸縮率

圧倒的な伸縮率 

Wrapupの特徴は何といっても伸縮性!

これによりたくさん入れるときは伸び、少ないときにはすっきりと収納することができます。また復元力の高いストレッチ素材を2重構造で採用することにより、型崩れすることなく使用できます。

 

MIL規格に準拠したスマホケース

 MILスペック

MIL規格(MILスペック)とはMilitary Specificationの略で、米軍が物資を調達する際の仕様のことを指します。この情報はオープンに公開されていて、例えば耐温度性能や耐衝撃性能など、その内容は様々です。

 

極地のような環境下でも、その製品が持つ性能を発揮できるように定められたこの規格。

なんでもかんでも米軍が調達するわけではありませんが、タフさの指標としてよく使われることが多いです。

誰しも故意に乱暴に扱うようなことはないのが基本ですが、いざという時に役に立つことは間違いありません。特に、どんなシーンでも今や必要不可欠なガジェットであればなおさらです。

 

止水ファスナー「AquaGuard」

 止水ファスナー

YKK社の止水ファスナー「AquaGuard」はアウトドアウェアやレインウェア、防水バックなどに使用されることが多いです。

 

フィルムをラミネートしたファスナーの見た目が表生地に対して異素材感が出るので止水機能だけではなく、デザインポイントとして使用されることも多いおしゃれなパーツです。

 

 

こんな方におすすめ

・最近キャッシュレス決済が増えてきて、財布の必要性が感じなくなった

・財布からのカードの出し入れが面倒だ

・財布を忘れることが多い

・出かける際は、できるだけ最小限の荷物が良い

・ビジネスでもプライベートで分け隔てなく使えるケースが欲しい

・iPhoneをしっかり守ってくれる頑丈なケースが欲しい

・アウトドアでも使えるミリタリーテイストなケースが欲しい

製品詳細

スペック

具体的なWrapupのスペック

対応機種

・iPhone12/12Pro

・iPhone12mini

 

カラーバリエーション

・ブラック

・コヨーテ

・グレー

・レッド(オフィシャルサイト限定)

 

同行品

・Wrapup

・カラビナストラップ

・カラビナ

一般販売価格:14080円(税込)

国内は送料無料

 

スペック

iPhone12Pro/12対応

・製品サイズ H135 / W68 / D19mm

・製品重量   70g

iPhone12mini対応

・製品サイズ H135 / W68 / D19mm

・製品重量   65g

※現在はiPhone12シリーズのみの対応となっております。

 

さいごに

今回Wrapupを開発することとなった経緯としまして、昨今のキャッシュレス化が急速な勢いで普及している現状があります。世界銀行による2015年の調査データによると欧米諸国では約50%以上が普及し、アジア諸国でもキャッシュレス先進国である韓国の約90%を筆頭に世界各国でキャッシュレス化が進んでいる現状です。

 

the150はこの完全なるキャッシュレス化の世界と移行していくキャッシュレス化の背景を想像し、現段階で求められるキャッシュレス化のライフスタイルに対してひとつの解決策を想像しました。

 

Wrapupのすべての機能はこの移行していくキャッシュレス化のライフスタイルに特化した機能となっています。

Wrapupを手にしてみなさんの生活が快適になることを心より願っています。