NEWS

登山の時に安心なスマホケースは?

登山の時に安心なスマホケースは?

  どの様なシーンでも、持っていて困らないのがスマートフォンです。最近では、アウトドアや登山などでもGPSの使用や地図の確認、写真撮影に使うなど欠かすことのできないパートナーです。   しかし、ただでさえ装備が多く、また雨風や衝撃を受けることもあるアウトドアシーンではポケットにスマートフォンを入れておくのも心配ですよね。   そこで、今回はそのようなシーンでも問題なく使用できるスマートフォンのケースについておはなしを進めていきたいと思います。   登山時に欠かせないスマホケースの性能は?   では、実際に登山などにおいてどのような性能が求められるのでしょうか?   欠かせない性能1.防水   天気の読めない登山において、防水の性能は不可欠です。最近のスマートフォンはそもそも防水性能を備えたタイプも多いですが、防水だからといってなんでもかんでも水に晒しても大丈夫ということではありません。   スマホの機能表やカタログでよく目にすることがある「IPX8」や「IP6X」といった表記。防水・防塵の性能を示していることはなんとなく理解できますが、これらの表記の意味をきちんと理解しておけば、目的や用途にあった選択をすることができますね。   「IP」コードのうち、防滴・防水に対する保護等級のことを「IPX」と呼びます。防水性能のない「IPX0」から、水中の厳しい条件下でも保護される「IPX8」まで9段階の等級があり、IPXに続く数字が大きいほど、防水性能が高いことを示しています。   ケースにおいても、防水性・撥水性に優れないスマホケースを使っていると、突然の雨でケースそのものが悪くなってしまう場合もあります。防水や撥水ができていないと、そのまま中のスマホに浸水してしまい、故障の原因につながるからです。   この辺りも問題ないか確認しておきたいですね。   欠かせない性能2..耐久性   新しいiPhoneを例にとってみると、背面側がガラス製でできています。Apple社によれば「スマートフォンが搭載した中で最も頑丈なガラスで耐久性も考慮して設計した」とのこと。ですが、ケースをつけないのは心細いので、おすすめの素材についていくつかお話をしておきます。   登山など岩が多い山場などで使用する機会が多ければ、耐衝撃性のあるケースを着けておきたいものです。一つの目安として、MIL(ミル)スペックと呼ばれる米軍軍事規格の試験をクリアしたケースを選ぶようにしましょう。   他には、「ポリカーボネート(PC)」という素材があります。...
続きを読む
スマホケースの仕入れ時に確認したいこととWrapupのご紹介

スマホケースの仕入れ時に確認したいこととWrapupのご紹介

雑貨屋さんや、アパレルショップを経営されている方で、スマホケースの仕入れを検討している方はいませんか?   実際に仕入れるとなると、「どこに発注をかければ良いのか」、「どのくらい発注することができるのか」など、わからないことも多いと思います。   今回は、そんなお悩みを解決できるようなお話を進めていきます。   スマホケースの仕入れ時に注意すべきポイントは? では、実際にどのようなポイントに注意しておけばよいのでしょうか?   仕入れる先が卸売サイトなのか、小売りサイトなのか 仕入れるとなった場合、まずは販売先がいくつかあると思いますが、卸売なのか小売りなのか把握しておきましょう。   卸売とは、問屋さん(卸売業者)から色々な商品を買うことができる業者専用のための販売所です。多くの場合、販売するのも購入するのも事業者のみであることがほとんどなので、購入する際には事業者情報の登録などが必要で会員制となっています。   卸売業者相手に購入をするメリットは、購入する商品を卸売価格で購入することができるため、一般的な小売店で購入するよりも、かなり安く仕入れることが可能です。   もう一方の小売りとは、小売業者が業者以外にも一般の消費者へ商品を販売していることが多いです。卸売に比べて事業者、個人、企業でも関係なくお店を利用することができ、配送が無料であったり、到着までに時間を要さなかったりとメリットも多いですが、卸売店に比べてしまうと、どうしても費用が少しかかってしまいます。 注文できるロット数 仕入れに際して気になるポイントは、納期や費用以外にも注文数が挙げられます。売上を見込んで大量に仕入れるのか、あるいはサンプルとして少量で仕入れるのかなど、使用用途によって必要となる数は大きく変わってきます。いくつから注文できるのかを、忘れずにチェックしておきましょう。   ロット数が大量に必要な場合は、スマホケースの専門業者に依頼するのがオススメです。 専門の業者の場合、多くは海外に自社の工場を持っており、大量生産・卸売が可能です。   どのような工場で作っているのか 仕入れるスマホケースがどこで作られているのかも気になるポイントです。ほとんどの場合は海外で作られていることが多く、中でも中国で作られています。国内での生産に比べると安価に対応ができることなどが影響しています。   中には、「中国産だとちょっと心配」と気にされる方もいらっしゃると思いますが、商品の出荷前にはしっかりと品質のテストを行った上で出荷されていますので、何の問題もありません。   納品時の状態 スマホケースを仕入れるにあたって、どのような状態で届けられるのかも気になるポイントですよね。主に、「OPP」と呼ばれるビニールケースに放送されている場合と粘着性のある透明フィルムを貼った状態と2パターンあります。...
続きを読む
アウトドアにぴったりなiPhoneケース“Wrapup”をご紹介

アウトドアにぴったりなiPhoneケース“Wrapup”をご紹介

アウトドアの際に、欠かすことのできないスマートフォン。ちょっとした情報を調べたり、写真を撮ったり、ふとした瞬間に使いたくなることが多いと思います。   しかしアウトドアともなれば、悪天候のシーンや、もしかすると岩場に落としてしまうなど、ヒヤヒヤする場面が増えます。どんな時でも大切なスマートフォンを守ってくれるケースを使用したいですね。   そこで今回は、弊社のWrapupをご紹介していきます。アウトドアには抜群のスペックを兼ね備えたiPhoneケースです。   アウトドアで利用するなら必須の機能性   アウトドアにおいて懸念される心配要素は主に、「防水性」と「耐衝撃」です。   防水性   防水性・撥水性に優れないスマホケースを使っていると、突然の雨でケースそのものが悪くなってしまう場合もあります。防水や撥水ができていないと、そのまま中のスマホに浸水してしまい、故障の原因につながる可能性もあります。   最近ではスマホそのものが非常に防水性に優れているモデルが増えましたが、ケースも合わせて対応しているタイプを選んでおけば鬼に金棒で安心です。   防水性や撥水性をうたっているかどうかも、頑丈なスマホケースを選ぶ際の基準の一つにしてみましょう。     iPhoneシリーズは、直近のモデルはほとんどが防水仕様(耐水仕様)となっております。キャッチフレーズとして、「水深4mのところに30分放置してもiPhone内部への浸水が見られない」とあります。   しかしApple社は同時に、「永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性がある」とも発表しているため、過度な期待は厳禁です。経年劣化で防水性・耐水性が落ちてしまうということでしょう。   アウトドアでも、川辺や海など水周りで使用する機会が多い方は、しっかり水の侵入を阻んでくれるケースを選んでおいたほうが良いでしょう。   耐衝撃 新しいiPhoneは背面側もガラス製でできています。Apple社によれば「スマートフォンが搭載した中で最も頑丈なガラスで耐久性も考慮して設計した」とのことです。ですが、ケース無しは心細いので、おすすめの素材についていくつかお話をしておきます。   キャンプ場や岩が多い川辺などで使用する機会が多ければ、耐衝撃性のあるケースを着けておきたいです。一つの目安として、MIL(ミル)スペックと呼ばれる米軍軍事規格の試験をクリアしたケースを選ぶようにしましょう。  ...
続きを読む
磁気不良が心配な方におすすめな手帳型スマホケース

磁気不良が心配な方におすすめな手帳型スマホケース

磁気不良が心配な方におすすめな手帳型スマホケース   スマートフォンケースで人気のある『手帳型スマホケース』。   中にコンパクトミラーが付属していたり、定期券などのICカードを納めておくことが可能であったりと、何かと便利なタイプです。   しかし、「手帳型スマホケースを使用すると、開閉部分の磁石によって磁気が狂ってしまう」などの不安の声も耳にします。   今回はそんな不安を解消できるようなお話をしていきます。 手帳型スマホケースによる磁気カードへの影響   磁気の影響があるとはいわれるものの、実際のところなぜそういわれているのか、あるいはどのようなカードが影響を受けてしまうのかなど、わからない部分も多いですよね。   カードの作りによって影響を受けやすい種類と受けにくい種類があるので、まずはそちらを確認しておきましょう。   磁気の影響を受けにくい『非接触型タイプ』 主に『Suica』や『PASMO』は影響を受けにくいタイプとされています。   基本的には、手帳型ケースに入れておいても問題ないでしょう。   マグネットによる磁気などの影響は受けづらいものとされていますが、それでもやはり極端に強い磁気を与えてしまうと不良を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。   磁気の影響を受けやすい『磁気カード』 代表的なものとしては『銀行のキャッシュカード』や『銀行のクレジットカード』などがあげられます。   こちらはあまり手帳型ケースに入れておくことをオススメしません。   このカードの特徴として、裏面に黒い線(テープ)がついているのがおわかりでしょうか。 黒い線は『磁気テープ』というもので、機械で磁気テープに書き込まれた情報を読み込むという仕組みになっています。 磁気テープはその名の通り、磁性体の帯があるカードで、その中の鉄をベースとした小さな磁性粒子の磁性を変化させることでデータを格納できるものなので、磁石の影響を強く受けてしまいます。...
続きを読む
MIL規格とは?頑丈なスマホケースを選ぶポイント

MIL規格とは?頑丈なスマホケースを選ぶポイント

みなさんは、どのようなスマートフォンのケースを使われていますか? ネット通販や、家電量販店を覗いてみると、折り畳み式の手帳型や、キャラクターが描かれたかわいいタイプまで、さまざまな種類のスマートフォンのケースが発売されています。 選ぶ基準は人それぞれですが、せっかく使うなら大切なスマートフォンを守ってくれる頑丈なケースが良いですよね。ですが、頑丈といっても一体何を根拠に頑丈というのでしょうか? 今回は、「頑丈」を表す基準の一つである「MIL規格」に焦点を当ててお話していきたいと思います。   MIL規格とは?   アメリカには、国防総省が定める”United States Military Standard(アメリカ軍標準)”という軍で使用する材料や品目などについて、調達基準を定めた仕様や基準が存在します。その中の一つに通称ミルスペック(MIL-SPEC/MIL規格)があります。正式名称はMilitary Specification(軍事仕様)といいます。   簡単にいうと、アメリカ軍が使用するさまざまなものの基準で、耐久性や耐水性、耐火性や防塵性など一定の基準をクリアしているという証明です。 そして、そのMIL規格「MIL-STD-810G」に記されている「耐久性」における基準(規格)をクリアしたものがスマホケース業界で「MIL規格準拠」と名乗ることができ、商品として販売されているのです。     スマートフォンや小型電子機器に関係するMIL規格としては、耐環境性試験の規格であるMIL-STD-810、MIL-STD-188(電気通信)、MIL-STD-202(電子部品)などがあります。 そのうちMIL-STD-810には、低高温環境での動作や許容範囲、湿度や水分/塩分に対する耐久力を測定するための基準とテスト方法が示されています。   弊社のWrapupも、衝撃試験MIL-STD-810H Method 516.8に準拠した規格において落下試験を実施・テストをクリアし、MIL-STD-810G準拠の製品として販売されています。 アウトドアなどさまざまなシーンを想定しタフネスを追及しています。   「MIL規格」はどんな商品に掲載されている?   実際にどのようなものに、規格が採用されているのでしょうか。 「なるほど」とうなずけるものから、「そんなものにまで?」と意外なものまで、いくつかご紹介します。  ...
続きを読む